今からできる!自分の商品・サービスの単価を上げる考え方

お金の考え方
しぶやん

公務員になるがもっと自由に生きたい!と感じ退職。その後、金銭的などん底を味わい、お金に関する勉強をし浮上。その後、いくつかの事業・投資による複数の収入の柱を構築。
▶︎お金持ち=(収入ー支出)×運用利回りの公式が理念。
資金が少なくても、豊かになれる道を紹介します。

本当は、自分の商品・サービスの単価を上げたいけれど、単価を上げるのが怖い。

単価が上がることで、見込み客が離れて行く可能性もあるし、それよりも心苦しい…。

真面目なあなたは、そう感じたことないでしょうか。

OLちゃん
OLちゃん

フリーランスの人って

自由に価格が決められるし、いいなぁって思ってたけどそうでもないのね。

しぶやん
しぶやん

全く平気な人もいると思うよ。

メルカリコンサルとか言って、20万円くらいとってた方もいるけど、中身は出品方法の説明くらいだったし…僕は購入していないけどね。

今日は、あなたが心置きなく自分の商品・サービスの単価を上げられるようになる考え方と方法を紹介します。

この記事を読むとあなたはこうなる!

  • 単価を上げにくい要因は、自分の考え方だとわかる
  • 相場の10倍の価格であっても自信満々で売り、顧客が途切れない人もいる
  • 単価をあげるために今日からできることがわかる

商品・サービスの単価を上げにくい理由

僕が公務員からフリーになって暫くした時に、この「単価を上げるのが怖い」という悩みに直面しました。

ありがたいことにそれなりに仕事はあり、公務員の時と同じ程度の月収は確保できましたが、それでは、この先、生活が豊かにならないと感じたのです。

だから、絶対に商品・サービスの単価を上げていく考え方を身につけたかったのです。

自分の欲だけではなく、商品・サービスの単価を上げなくてはいけない理由はこちらに書いています。

なかなか余裕ができないカラクリ!貯金をするほど貧しくなる?
たっぷり貯金があればどんなに嬉しいか?そう考えてせっせと僕も貯金をしてきましたが、あまり余裕は生まれませんでした。なぜ、勤勉に労働をしているのに余裕が生まれないのかそのカラクリを解説しました。

その時に、同じ様な悩みを抱えているフリーの方にも単価を上げにくい理由を聞いてみました。

単価を上げると既存客も去って、見込み客の獲得が難しい

例えば、最近多くなってきた○○コンサルを1セッションを1万円でスタートしたとします。

やっとの思いで獲得した数名のお客様。

これを12000円で集客しよう…となれば、不安にもなります。

1万円でも高いって思われている方もいるかもしれないのに…さらに価格を上げて集客するなんて無理じゃない?

こんな気持ちになるのもよく分かります。

自分も苦しい時があったから、良心的な価格で提供し続けたい

この気持ちは、未だに捨てることはできません。

ビジネスについて右も左も分からない僕が、何かを学ぼうとしても、2015年頃から流行りだした起業系の塾はとんでもない価格だったために、手も足も出ませんでした。

私は何もかも捨ててまでも自分のしたかったことに挑戦する人を心から応援したい。そして笑顔になってくれることを望んでいます。もちろん、翌月または再来月には成果が出るように万全の体制でサポートします。だから、38万円払ってね。

当時、38万円が支払えない自分も情けなく思ったのと同時に、本当にこれから起業して頑張ろうって思っている人を応援するつもりがあるのだろうか…

なんて思ったものです。

ですから、僕の場合、価格を上げたいなぁと思っても、なかなか価格を上げることができませんでした。(今でも十分に名残はあります)

いずれの理由にしても、自分の考え方が原因で単価を上げにくいと言えそうです。

驚くほどの価格で家具を製作し、販売している方に出会った

こんな悩みをもっている時に、驚くほどの価格で家具を製作されている方に出会いしました。

彼は自分で家具を製作し、直接販売されているのですが、椅子1脚でも10万円はするほどの高単価です。

しぶやん
しぶやん

失礼ですが、さらに大きな家具になると100万を超えていますよね。

IKEAに行けば10万円も出せばそれなりのものが買えるのに、購入される方がいるのでしょうか。

初めてここに来た人は同じような事を言われますよ。
私にすれば「高いなぁ」って言われるのは褒め言葉なんです。
反対に「安いなぁ」って言われたら辛いですね。
私が作る家具は、一生物というかむしろ、世代を超えて使っても飽きないし、壊れないものを作っていますから、高くて当然なんです。
もちろん、最初からそんな自信満々な物が作れた訳ではありません。
でも、今は「高いのなら量販店で買ったらいいじゃないですか?」って心から言えるようになりました。
そうなってからお客様に恵まれたのか、今では既存客の方が次々と注文をとってきてくださるので、正直言うと生産が間に合ってないのです。
きっと、そうしてずっと付き合ってくださって方は、物の背景にあるものも感じとってくれている気がするんです。

あなたは、この話をどう感じたでしょうか。

僕はこの方と出会ってから大きく行動を変えました

そして、サービスによっては単価を気兼ねなく上げましたが、仕事は増えていきました。

そこで、実際にどの様な行動をとったのか?紹介します。

商品・サービスの単価を上げ続けることができる具体的な方法

こうして振り返ってみると、当然のことを丁寧にするかしないか…だけの違いだということに気付きます。

ビジネスの歴史って相当長いですから、大切な点というのはある程度絞られていて当然です。

自分の商品・サービスを別の角度が見る練習をする

僕の場合、webページを作ったり、企業や会社のwebページの管理、執筆をする仕事をメインとしています。

ライターとしての仕事は、山ほどあるのですが、オーダーされたことをただ文章にするだけでは、精々1文字1円程度の仕事になってしまいますから、「文章を書きますよ」というスタイルでは仕事をとっていません。

「文章を書く」という仕事を別の角度から見ると…

SEXYさん
SEXYさん

私って料理教室をしているけれども、料理について知る・できるってそんな価値があったんですね。自分の仕事の偉大さに気付くことができました。

って言う様に

  • あなたの仕事の価値をより大きくする
  • 自分の仕事に絶大な自信がもてるようになる

そんな仕事をしています、という風に伝えています。

あなたのしている仕事についても、少し見方を変えるだけでもとんでもない価値が隠れているはずです。

ただ、それを見つけるのは、慣れるまではなかなか難しいかもしれません。

ですから、僕の場合は、歩きながら「落ち葉が私たちに与える素晴らしい価値はなにか?」「蝉の鳴き声は僕たちの生活にどんなメリットを提供してくれるのだろう?」なんてことを考える練習をしています。

この練習は、個人事業主の方には特にオススメで、自分の商品・サービスの価値を高めることができると同時に、ちょっとした相談を会社などから受けた時にも、予想以上の価値をお伝えすることができます。

先月も大きな会社から相談を受け、その夜に思うことをレポート形式にまとめて送付しました。

もちろん、その会社とこれから一緒に一つのプロジェクトを一緒に進めることになりました。

頭が変じゃないの?って庭の草を見ながら自分で思うこともありますが、そんなものからでも価値を産む練習をし続けていて良かったなぁと思った瞬間でした。

学び、試す時間を毎日設ける

家具職人の方が高単価でも平気で販売できるのは、技術にこれまでの経験がどっさりと詰められていたからだと考えました。

ということは、自分がメインとしている仕事については、常に学び続ける必要があります。

当然のことと言えば、当然ですが、仕事がうまく行っている時に限ってこの事を忘れてしまいがちですから、家具を作る技術を身につけるような気持ちで毎日学ぶ時間は確保しています。

  • なんでもないものに大きな価値をつける練習
  • 大好きなライターさんの記事の視写
  • 為替相場(FX)・株の過去チャートの分析
  • 読書

たったの60分程度で、これら全ての事はできませんが、何かしら必ずする様にしています。

武井壮さんも毎日60分はとにかく学ぶ時間を確保するとこの動画の中で言われています。

【武井壮の「大人の育て方」がマジ凄い!】オトナの学校 完全版

自分との約束を守る

他人との約束を守るのは、当然です。

これはほとんどの方が、成し遂げようと日々努力・工夫をされているはずです。

ところが、自分との約束は簡単に破ってしまうのです。

例えば、Blogを週に1本は書こうと決めても、この約束は簡単に破ってしまうのです。

(僕も散々これまで破ってきました)

ダイエットも自分との約束を守る・守らないかだけで結果は大きく変わるはずです。

だから、自分との約束を守る練習から始めました。

簡単で今日からでもできそうな自分との約束を決めます。

恥ずかしいですが、こんなところから始めました。

  • 一日のスケジュールを手帳に毎日書く(5分)
  • タイムリミットを使って仕事をするものを決める
  • 勉強の時間を毎日確保する(60分)
  • 請求書をすぐに送る(後回しになりがちでした)

スケジュールを手帳に書いても書かなくても、誰かにご迷惑をかけることはありません。

そう考えると自分との約束は簡単に破ってしまいます。

そして、結局、何をしても続かない、できない、結果がでない自分を自分で作ってしまいます。

これでは、当然単価を上げてもやっていける自信ももてません。

単価を上げてもそれだけの額を受け取れる自分

を作ることにしたのです。

まとめ

商品やサービスの単価を上げるための準備として、今日からでもできることを紹介しました。

これは、来月から実践しても、来年から実践してもいいのですが、投資的な考え方をすると今日から1つでも実践して欲しいと思います。

自己投資(学んだこと)は、他人に提供することはできても絶対に盗まれることはありません。

それに、自分自身の価値を大きく高めるものになりますから、少しでも早くから実践することをオススメします。

  • 自分の商品・サービスを別の角度から見る練習をする
  • 毎日、少しでも将来のために学ぶ時間を確保する(今うまく行っている人は特に注意)
  • 自分との約束を守る練習をする

大きな額でも自信をもって受け取れる自分になる!

自分のことをなんとかしたいって思うのに、つい自分との約束を破ってしまうっていうところをみると、人間って不思議な生き物だなぁと思います。

コメント