ナンピンマーチンゲールのリスクを抑える無料配布中EAの仕組み

EA・自動売買FX
スポンサーリンク
しぶやん

公務員になるがもっと自由に生きたい!と感じ退職。その後、金銭的などん底を味わい、お金に関する勉強をし浮上。その後、いくつかの事業・投資による複数の収入の柱を構築。
▶︎お金持ち=(収入ー支出)×運用利回りの公式が理念。
資金が少なくても、豊かになれる道を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日からドルが強くなり、しばらく上昇トレンドが続くかと思って、無料配布中の自動売買ツール(EA)を使っている方には、こんなラインを流しました。

こんにちは。ダラダラと円安に向かっています。
今長い上髭を形成していますので、上値は重たいと見られます。
まだまだ、(資金)に余裕はあると思いますが、含み損が気になる場合は、次のポジをとったあたりで、ナンピン幅を大きく広げてみてください
広げた分、利確は遅くなりますが、安全が大切ですから。

これって、ナンピンマーチンゲール系のEAを使っている人からすれば、反則技じゃないの!っていうくらい便利で、安全なんです。

みかちゃん
みかちゃん

わたしにも分かるように説明してよ!

ナンピンマーチンゲールのリスクを抑える無料EAの仕組み

ここでは、ナンピン幅を広げるどのくらいリスクを抑えることができるか、考えます。

1ロットでトレードを開始し20pipsごとにナンピンをした場合

話を分かりやすくするために、XMの1ロットでトレードをし、ナンピンマーチンゲールを20pips単位(ロット倍数2倍)で発動したとしましょう。

(実際にはこんな設定をする人いないと思いますが…)

次の様な相場では、このようにロットがどんどん増えていきます。

この時のリスクを計算してみましょう。

1ロット(10万通貨)の時、ー1pipsで1000円の含み損

です。

上のチャートの場合、上の白ラインから下の白ラインまでが160pipsです。

  • 一番上の1ロットで入ったポジションは、-160pips
  • 二番目に2ロットで入ったポジションは、-140pips
  • 三番目に4ロットで入ったポジションは、-120pips
ロット数 損失pips 含み損
1 160 160,000円
2 140 280,000円
4 120 480,000円
8 100 800,000円
16 80 1,280,000円
32 60 1,920,000円
64 40 2,560,000円
128 20 2,560,000円
合計   10,040,000円

残念ながら、この時の含み損は1000万円を超えてしまいます

 

1ロットでトレードを開始し40pipsごとにナンピンをした場合

では、このリスクを抑えるためにナンピン幅を先ほどの2倍(40pips)に変更してみましょう。

当然ポジション数は先ほどよりグッと減り、このようになります。

実際にリスクを計算してみましょう。

ロット数 損失pips 含み損
1 160 160,000円
2 120 240,000円
4 80 320,000円
8 40 320,000円
合計   1,040,000円

この時の含み損は、約100万円

ここまでのことをまとめておくと…

同じ相場でも、
ナンピン幅を広くすることでリスクはかなり大きく削減することができます!
1000万円の含み損と100万円の含み損というくらいの違いが生まれる。
 

じゃあ、とにかくナンピン幅を広げればいいのではないか?

この様な結果になると、とにかくナンピン幅を広げればいいじゃないか!ということになりますが、幅を広げれば広げるほど利確しにくくなってしまいます。

次の様なチャートで説明します。

1ロットでトレードをスタートして、20pips毎にナンピンをしていきます。

先ほどと同じように、含み損を計算してみると…

ロット数 pips 含み益
1 -80 -80,000円
2 -60 -120,000円
4 -40 -160,000円
8 -20 -160,000円
16 0 0円
合計   -520,000円

一旦は、52万円の含み損を抱えることになりますが、相場は上昇していっています。

今度は、16ロットでエントリーしたポジションが含み益となっていきます。

画像の+40pipsのところまで戻した場合の損益を見てみましょう。

ロット数 獲得pips 含み益
1 -40 -40,000円
2 -20 -40,000円
4 0 0円
8 20 +160,000円
16 40 +640,000円
合計   +720,000円

 

今度は、ナンピン幅を2倍の40pipsにした場合についてみていきましょう。

一旦、下落して含み損を抱えますが、4ロットのポジションは次第に含み益を膨らましていきます。

先ほどと同じように、この時の損益を見てみましょう。

ロット数 獲得pips 含み益
1 -40 -40,000円
2 0 0円
4 +40 +160,000円
合計   +120,000円

利益が小さくなっていることが分かります

ナンピン幅を広げるとリスクは軽減できるが、プラスになる量も少なくなるためにしっかりとした戻し(チャート上の反転)が必要になります。ただし、日足チャートを見れば分かるように、相場は行ったり、来たりしていますから、資金を守ることさえできれば、利益を出すことができます。

 

FX自動売買トレードでも必要に応じて調整ができることは重要!

冒頭で紹介したようなラインを流したのは、ナンピン幅を少し調整することでリスクを大きく抑えることができるためです。

ですから、相場にリスクオン・リスクオフという考え方があるように、自動売買ツールにもちょっとした、調整ができるようにしておくことは必要なことだと思っています。

例えば、ナンピン幅を20pipsに設定していたけれども、トランプさんが過激な発言をしたから心配…という時には、ポジションをもっていてもナンピン幅を広げたらいいのです。

上のチャートの様に次のポジからナンピン幅が広がるために、リスクを随分軽減させることができます。

ツールを配布の際には、バックテストの結果を考慮しながら、完全放置でも割と安全なパラメーターをお渡ししていますが、含み損が心配で、仕事に集中できない…というのも大きなリスクだと考えています。

ですから、こうしたちょっとした調整が誰でもできるという部分を残すことは、とても大切なことだと思っています。

投資で資金を増やしていきたい…という人はたくさんいらっしゃいますが、絶対に忘れてはいけないのは、資金を減らさないという視点です。

ついつい、利益に目が行きますが、資金があってこそ得られる利益ですから、「守る」ことを第一にして欲しいと思います。

 

まとめ

このブログ(PTR)で配布している自動売買ツールの特徴とリスクについて書きました。

  • 状況によってナンピン幅を広げることで、リスクは大きく軽減させることができる
  • ナンピン幅を広げると利確に時間がかかるけれども、資金を守ることの方が重要

こちらに、自動売買ツールを無料配布を開始してからのトレード結果を掲載しています。

【XM用】無料配付中!自動売買ツールのトレード結果
無料の自動売買ツールって本当に利益が出せるのか?これから資金を増やしたいという方のために、50,000円を入金して低ロットで自動売買をした結果を公開しています。【XM用】無料自動売買ツールのトレ【続きを読む】
ツールは無料で配布しています。
欲しい方は、
LINE@にご登録ください。
ご質問などもどうぞ…

友だち追加

スポンサーリンク
スポンサーリンク
EA・自動売買FX
スポンサーリンク
PTR Poor To Rich

コメント