【FX初心者向け】資金管理を徹底したロット数でトレードしろ!

FX裁量トレード
スポンサーリンク
MathO
MathOをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク

数学的に物事を考えるのが好きなマスオです。

FXを学んでいると「資金管理」という言葉をひたすら聞きます。

僕もFXを始めた頃に、○○○○FX!隙間時間にパパッと3万円を稼ぐ!という教材を購入して、ひたすら教材とチャートを見続けたことがあります。

その時にも、やたら「資金管理」という言葉が出てきましたが、当時の僕は、この言葉の理解が甘かったと思います。

様々な本や教材にも資金管理という言葉が書かれていますが、その方法が具体的に紹介されたものは、少ないように感じます。

そこで、僕が行っている資金管理の方法を具体的に紹介します。

資金管理とは
FXで許容するリスクを限定的なものにすること

どういうことか、詳しく解説します。

 

本記事の内容は、こちらの動画でも解説しています。

 

FXの資金管理は資金を守るための考え【利益は無視】

FXを始めるとついつい、月利50%達成!などの様に利益部分が気になるもの。

Twitterを見ても、凄い利益だなぁと思う方もたくさんいます。

ところが、

凄い利益率を数年に渡り出し続けることはとても困難

という事は、知っておいていいでしょう。

FX-ismの及川さんも、1トレードで100万円以上の利益を挙げていますが、

1日に2%の利益があれば、かなり優秀な日だと言える

と言われていました。

仮に資金20万円でトレードをしているのであれば、1日の利益が4000円を超えてくればかなり優秀だということです。

 

もし、FX初心者の方が月利50%以上出ているのであれば、素晴らしいことですが、リスクを取りすぎていると思っていいでしょう。

僕なら確実に、ロットを落としてトレードをします

理由は簡単です。

爆益を出したのに退場するという人を見てきたし、
僕も過去に経験したから。

です。

くどいようですが、爆益を出す人が凄い訳ではありません

微益でも、ずっと資金を守り続け、長年相場と付き合いができる人が大きな資金を手にしていきます。

月利5%で10年複利で運用すると

元本 10年後
10万円 約3500万円

になります。

マスオ
マスオ

実際には、この様な運用を僕もしていませんが、資金を守ることがどれだけ重要か伝われば幸いです。

FXも資金管理をすれば溶ける確率は1%未満だ!

実際に僕が行っている資金管理の方法を紹介します。

  • 10連敗・20連敗…する可能性は極めて低い。
  • エントリーする度にロットを変更させる。

 

FXは損切りと利確距離が同じであれば勝率約50%

トレードの手数料(スプレッド)を無視すると、損切りまでの距離と利確までの距離が同じであれば、勝率はおよそ50%です。

FXは難しいと言われることがありますが、実は、10連敗させることも極めて難しいのです。

1敗 50%
2連敗 25%
3連敗 12.5%
4連敗 6.25%
9連敗 0.2%
10連敗 0.1%

つまり、10連敗してもメンタル的にブレない程度のリスクにしておけば、かなり精神的にも余裕がうまれます。

ただし、この管理方法はかなり安全性やメンタルを重視しているので、月利は当然、低くなります。
OLちゃん
OLちゃん

じゃあ、

私が仮に20万円でスタートすると言えば、どう考えるの?

マスオ
マスオ

人によって許容できるリスクって違うと思うけれど、仮に10連敗して5万円を失うしたらどうだろう?

OLちゃん
OLちゃん

もちろん、5万円を確実に失うとなれば嫌だけど、もし10連敗して5万円を失ったのであれば、仕方ないなぁって思えそう。

10連敗する可能性は極めて低いですが、最悪を想定してこの様にリスク金額を定めます。

すると、OLちゃんの場合、1トレードのリスクは5000円と定まります。

 

許容するリスクが定まると、ロット数が決まる

ユーロドル15分足・資金管理の方法(FX初心者向け)

ユーロドル15分足・資金管理の方法(FX初心者向け)

例えば、上の様な場面でショートエントリーをすると考え、損切りラインまでの距離を測ると25pipsだったとします。

許容するリスクは5000円なので、ロット数は0.2ロット(XMスタンダード口座の場合)と決まります

 

ところが、スイングトレードをイメージして、次の様にエントリーすると考えた場合には、エントリーできるロットが大きく変わります。

この場合は、損切りがかなり深いので、0.02ロットでしかエントリーすることができないということになります。

つまり、

トレードをする度にエントリーするロットは微妙に変化させ、
リスクの金額を一定にさせている

 

万が一、4連敗して残り資金が18万円になってしまえば、その時点でもう一度許容できるリスクを設定しなおします。

 

実は、さらにリスクを抑えるためにナンピンも活用

一般的にナンピンはリスクが高く危険だと言われています。

本や教材によっては、ナンピンは絶対に禁止と言われることがありますが、リスクを抑えるために、最初からナンピンを計画することもあります

例えば、0.2ロットでエントリー可能なところを4分割して、上の様に0.05ロットずつでエントリーすれば、リスクをさらに抑えることができます。

 

その都度、損切りまでの距離を測り、ロットを計算するのは一手間ですが、感覚的にロットを決めてトレードを行うと、思わぬ損失を食らうこともあります。

そうなった時にメンタルが乱れてしまう可能性があります

熱血リーマン
熱血リーマン

昨日の損失は、絶対に今日取り返すぞ!

こうなった時点で、よほどベテランでない限り、

非常に危ない状態

だと理解した方がいいでしょう。

トレード資金が十分でない時こそ慎重に、トレードごとに資金管理をすることを強く推奨します。

ここまで、資金管理をすれば、すぐに多額の資金を失うことはありません。

万が一、みるみる資金が減る様であれば、明らかに手法、エントリーロジックが悪いということになりますので、この辺りを見直せばいいということになります。

 

周りの爆益Tweetなどに惑わされないメンタルも大切です。

資金管理と合わせて、期待値という考え方も知っておくと、メンタルにブレが生じることなく、淡々と資金を増やすことができます。

【FX初心者向け】トレード手法よりも大切なことは期待値の計算
FXで生き残るのに絶対に必要な考え方は期待値を計算すること。勝率や利益率だけを見ているといつか辛い思いをすることは過去に経験してきました。なぜ、勝率や利益率だけにこだわると良く無いのか?そしてFXでいう期待値はどの様に計算するのか解説しました。

 

本日も最後までご覧いただきありがとう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
FX裁量トレード
スポンサーリンク
PTR Poor To Rich

コメント