【FX自動売買ツール】ツールの仕組みから危険性を考える

自動売買ツール研究室
スポンサーリンク
MathO(マスオ)

公務員になるがもっと自由に生きたい!と感じ退職。その後、金銭的などん底を味わい、お金に関する勉強をし浮上。その後、いくつかの事業・投資による複数の収入の柱を構築。
▶︎お金持ち=(収入ー支出)×運用利回りの公式が理念。
資金が少なくても、豊かになれる道を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

単刀直入に

FXの自動売買ツールは利益を出すことができますか?

この様な質問を受けることが増えてきました。

もちろん、僕は世の中の全てのツールを使った訳ではありませんが、ツールの仕組みは理解していますので、その観点も踏まえて、この問題に答えたいと思います。

結論

  • 絶対に儲かるツールがあるのであれば、1000万円支払ってでもツールを買う。
  • 全てをツールに任せるのであれば、多くの資金が必要。
  • 資金管理・リスク調整ができるものであれば、使い方が上手になってくる。

完全ツール任せで利益を出し続けることは絶対にできない。

誤解を招くような広告をよく見かけ、正直、残念な気持ちになることがあります。

なぜ、この様なことが言えるのか、ツールの基本的な仕組みをもとに解説していきます。

 

当然だが、FX自動売買ツールは有料・無料共にプログラムで動く

当然のことですが、どんなに高価なFX自動売買ツールもプログラムで動いています。

一部、コピトレ・MAMMなどと呼ばれる、上手なトレーダーと同じ動きをするシステムがありますが、それはまた別記事で紹介します。

決められたルールに従ってエントリー・イグジットされる

極めてシンプルな例を出すと、

本当はトレードに感情は邪魔と言われるので機械的にすればいいというものでもない

本当はトレードに感情は邪魔と言われるので機械的にすればいいというものでもない

この様に移動平均線(MA)の下から上にチャートが抜けるとエントリーする。

というルールを作るわけです。

実際は、これだけの条件でエントリーしても優位なエントリーとは言えないために、条件2・条件3…という様にいくつかの条件を加えていきます

エントリー回数が多い自動売買ツール、少ない自動売買ツールなど様々ですが、基本的には条件が厳しくなれば、エントリー回数が少なくなります。

もちろん、イグジットに関しても何らかのルールを作り、そのルールを満たすと自動にイグジットするというのがFX自動売買ツールの基本的な仕組みです。

 

相場に決まった法則性はない

実は、10年程前にひたすらチャートの形状からなんらかの法則性を見出そうと、昔ながらの人の様に、チャートを紙に描きながら、分析をしまくったことがあります。

もちろん、

Aという条件を満たせば、70%くらいの確率でBになる

という曖昧なルールを見出すことができても、Aという条件を満たせば100%Bになるという現象を見つけることはできませんでした。

今、振り返ると何を思ってそんなバカなことに挑戦したんだ?ということになります。

ところが、当時は株式などのチャート分析にも使われる「一目均衡表」の父、細田悟一(ほそだ ごいち)の気合いに感激して、「俺もやってやろう!」と思ったわけです。

一目均衡表は、のべ2000人の手を使い、7年の歳月をかけて作られたものです。

 

それでも、一目均衡表のシグナル通りに相場が動くことはありません。

当たり前ですが、相場(チャート)は、人が売り買いした足跡ですから、そこに絶対的なルールが存在することはありません

誰の論文かは忘れてしまいましたが、「相場は不規則である」という内容の論文も発表されています。

 

仮に絶対勝ち続けることができるツールがあれば1000万円でも安い!

仮に絶対に勝ち続けることができる自動売買ツール(EA)があるとすれば、1000万円支払ってでも、購入します。

絶対に勝つことができるという保証があれば、1000万円以上の利益だって瞬時に叩き出すことができますが、残念ながら相場に絶対はありません

 

つまり、

どんなに良いラケットを購入してもテニスが上手にならないのと同じ様に、どんなに優れたFX自動売買ツールを手にいれても、完全放置で利益を出し続けることはできません。しつこい様ですが、魔法の様なツールは存在しません。

以上の点を踏まえながら、自動売買ツールを見直すと次のことが大切になります。

 

FX自動売買ツールは、トレードをサポートする道具

  • 資金管理をする能力(自己管理)、お金に執着しない能力
  • 相場状況に応じて、適宜調整ができるツールであること

この二つは、どんなに優れたツールであっても、FXで資金を増やすためには絶対に必要なことです。

大事なことなので、少し厳しめに言いますが、

FXで日給1万円!・日給3万円!と履歴を出している方もいますが、大きな利益を出すことは、そんなに難しいことではありません。一番難しいことは、資金を守りつつ、利益を出し続けることです。

 

例えば、2021年5月8日現在、中国のロケット 落下は日本時間9日昼前後 NZ沖か 米軍予測という報道が行われています。

一番いいのは、大気圏に突入して全て燃え尽きて、全く問題無かった…ということを望みますが、結果はどうなるか分かりません。

大きな被害が出てしまえば、経済的な問題にも発展する可能性も十分にあり、この様な問題からさらに大きな問題に発展する可能性だって考えられます。

そうなると、当然、相場は大きな影響を受けることになるので、予想の範疇を超えた値動きになることも考えられます。

もちろん、ここで挙げたのはリスクの例えですが、通常の相場では、ある程度の範囲内で動くために、その範囲内では利益を上げ、想定外の時には、リスクを抑えるという様な、アナログ的な部分も必ず必要になると考えています。

こうしたことを踏まえると、FX自動売買ツールに完全に頼るのではなく、ツールと自分のお互いが協力するという様な形が必要だと思います。

 

コメント